みんなのキリスト教ニュース / 検索結果 キーワード:長崎

logo

検索結果 長崎

1
 平戸市教委は11日、キリシタンの殉教関連の遺構「ウシワキの森」で、人骨がほぼ完全な状態で見つかった、と発表した。埋葬された状況などから、弾圧時代の16世紀末から17世紀初めに埋葬された信者だった可能性が大きいとみている。 (全文を読む) »
1
 五島市奥浦町の堂崎教会で14日夜、長崎フルートオーケストラのコンサートがあった。信者や市民ら約50人が来場し、美しい音色に聞き入った。 (全文を読む) »
1
 戦国時代のキリシタン大名大村純忠(一五三三-八七年)が長崎と茂木をイエズス会に譲与した契約書「長崎・茂木寄進状」(スペイン語訳文)が、十一月一日から長崎歴史文化博物館(長崎市立山一丁目)で開かれる「バチカンの名宝とキリシタン文化」展で展示される。寄進状を所蔵するローマのイエズス会文書館が初めて (全文を読む) »
1
 郵便局会社九州支社(熊本市)は二十四日、オリジナルフレーム切手「祈りといやしの島 五島市の風景」を、長崎県五島市内の全郵便局十九局で発売した。 (全文を読む) »
1
 カトリック信仰の模範となった人を「福者」の位に列するローマ法王庁の「列福式」が11月24日、長崎市で開かれる。1549年にキリスト教が伝来して以来、国内初開催となる歴史的行事には、国内外から約2万7000人の信者が参列。 (全文を読む) »
1
 五島市の久賀島にアトリエを構える画家の松井守男さん(66)が、11月24日に長崎市で開催された、キリスト教殉教者の「列福式」を記念した絵画展「こころの光展」を、長崎市の大浦天主堂▽浦上天主堂▽カトリック長崎大司教館で開いている。7日まで。 (全文を読む) »
1
 キリシタン禁制時代、大村藩領の外海から海を渡って五島藩領に多数のキリシタンが移住した史実を裏付ける家系図「三代書き」が五島市松山町、自営業、平山城司さん(40)の実家で見つかった。平山さんら家族は二十八日、長崎市西出津町の外海歴史民俗資料館を訪れ「三代書き」の複写を寄贈した。 (全文を読む) »
1
 「隠れキリシタン信者の勇気や忍耐力と反逆精神を追究したい」。フランス人フリージャーナリストのギヨム・ロアレさん(30)が年末年始にかけ、平戸市生月町(生月島)で、江戸時代のキリスト教禁教下でひそかに守り続けられた隠れキリシタン信仰をテーマにテレビカメラマンとともに取材した。 (全文を読む) »



Powered By Pligg            | サイトポリシー | サイト運営者情報 | お問い合わせ |            キリスト教の検索 なら「 KIRISUTO.INFO